就業規則・労務問題のご相談は、こちらから!

                 TEL 03-6762-0014
                                (平日 1100〜17:00)

■当事務所の就業規則実績
 当事務所では、東京都内外の「飲食業」「人材ビジネス業」「美容業」「小売業」など各業種のお客さまの、お手伝いをさせて頂いております。

■ 就業規則作成・変更
総合フード・サービス業/従業員6,500名 就業規則変更
飲食業/従業員50名 服務規程作成
飲食業/従業員30名 就業規則・賃金規程・嘱託社員規程・パートタイマー規程作成

業務請負業/従業員200名 就業規則他諸規程企画・作成・導入指導
人材ビジネス業/従業員50名 就業規則・賃金規程・出張旅費規程他作成

電気機器製造メーカー/従業員50名 就業規則・他諸規定変更
印刷業/従業員40名 就業規則全面変更・賃金規程変更、他各種規程作成
美容業/従業員100名 就業規則・賃金規程・職能等級規程作成

 その他、育児・介護規程、出向規程、慶弔規程、車両管理規定 等。

■ 労務相談
総合フードサービス業/社員6,500名  飲食業/社員40名
飲食業/社員50名  飲食業/社員30名

業務請負業/社員200名  人材ビジネス業/社員60名
人材サービス業/社員150名  人材ビジネス業/社員60名

IT関連事業/社員5名  IT関連事業/社員5名  IT関連事業/従業員3名
医療機関/従業員3名  医療機関/従業員10名  医療機関/従業員14名

販売業/従業員7名  ソフト開発業/従業員100名  広告代理業/社員10名  
出版業/社員15名    等、継続的に相談業務を行っております。

■就業規則で「トラブル」を予防する!

どんなに「魅力一杯」の「就業規則」でも、
  ・内容が法律を無視
したものでは何にもなりません。

 平成16年度の労働相談件数が、前回の統計を超え更にに増加して約82万3千件にも達しました。実際に労働紛争になったものも16万件を超えている状況です。

 インターネット等の普及で、「Yahoo!」「Google」などの検索エンジンでキーを叩けば、色々なことが簡単で直ぐに調べることが出来るようになりました。

それにより労働者の権利意識が高まり、中途半端であやふやな対応をしていると、
  ・「未払い残業代の請求
  ・「管理監督者の残業代請求
  ・「解雇予告手当の請求
など会社に多大な損失が降りかかってくるおそれもでてきます。


そのようなことが起きないように
  ・事前にリスクを洗い出す
  ・起こりうるトラブルに対して事前に予防をしておく
などの対処が必要になります。

 整備された「人事制度」「社内ルール」を作成し、運用できるための基本的「ポイント」と「注意事項」を確認しながら、「就業規則」を活用して下さい。

■就業規則は「会社の顔」!

 職場には「正社員・契約社員・パートタイマー・アルバイト」など多くの人々が集まっています。
 仕事を行う上でそれぞれがバラバラに行動していては、企業の生産性を損ない、従業員の教育にも影響を及ぼすおそれもあります。

そこで、
  ・企業の活動や目的達成のために
多くの人々を統括する
  ・一定のルール
が必要になってきます。

 そこで、会社の憲法と言うべき「就業規則」、「賃金規程」やその他各種の規程がその行動基準となり、経営者も従業員もそれぞれ適用される「就業規則」のルールに従って行動することで、
  ・秩序ある組織
  ・事業活動の活性化、円滑な業務遂行
  ・企業業績の向上
  ・従業員の能力向上
へと全ての人々が邁進し、会社に貢献できるようになります。


せっかく作成した「就業規則」や古い「就業規則」が、社長の机の引き出しで眠っていては、会社も従業員も困るだけです。

就業規則・労務問題のご相談は、こちらから!
                 TEL 03-6762-0014 (平日 11:00〜17:00)
what's new

■2008/2/18
サイドメニューに「労働契約法」条文を追加いたしました。
■2008/2/12
労働契約法労働契約法の概要」(厚労省HP)
■2008/2/1
最低賃金法の一部を改正する法律最低賃金法の一部を改正する法律の概要」(厚労省HP)
■2007/6/5
パートタイム労働法の一部を改正する法律(平成19年法律第72号)の概要」(厚労省HP)
■2005/12/22
総務省の「ビジネスブログ及びビジネスSNSの活用事例」(事例330)に紹介されました。